『海外で働こう』

林田力

西澤亮一『海外で働こう 世界へ飛び出した日本のビジネスパーソン 25人のアブローダーズ』(幻冬舎、2014年)は海外に進出した経営者25人へのインタビュー集である。表紙にはアジア(東アジア、南アジア、東南アジア)の地図があり、アジアを重視しているが、それにとどまらない。貸会議室のビジネスモデルがニューヨークで革新的なサービスとして通用した話は興味深い。

多くの経営者にとって海外進出は金儲けだけではない。現地社会への貢献という熱い思いを持っている。日本で若者を搾取するブラック企業経営者に読ませたいほどである。それでも気になる点もあった。例えばフィリピンの話がある。フィリピンには治安が悪い、怖いというマイナスイメージがある。

この点について、ある経営者はフィリピンで事件に巻き込まれる日本人は圧倒的に旅行者が多いとする。ビジネスパーソンは「家ではメイドさん、移動中はドライバーさんが守ってくれるなど、安心なうえに、日本では考えられないくらい快適に暮らすことができます」という(168頁以下)。これは新植民地主義にも映る。

著者はアングロサクソン型の株主資本主義やグローバルスタンダードの押し付けに対して、「日本人最大の強みは、相手の立場に立って考えられるところ」と指摘する(21頁)。そして多様性を踏まえ、現地の伝統的スタイルを尊重する日本流の手法が途上国のビジネスでは求められるとする。アングロサクソン型への批判は正しい。そのアンチテーゼとして多様性の立場からの異文化の理解や尊重が求められることも正しい。

しかし、それが日本流であるかは疑問なしとしない。むしろ日本人は同質性が強く、多様性を尊重しないと批判されることがある。インタビューでも「日本人は新参者に対して冷たいところがあります」と話す経営者がいた(122頁)。この点で著者の主張は日本人を理想化し過ぎているように見えるが、そのような方向を目指すという観点からは支持できる。

日本人の美点は経営者の話から見えてくる。会社へのロイヤルティーは民族性とは無関係である。一般にアジア人は定着率が悪いと言われるが、複数の経営者は人を大切にし、信頼関係を築けば定着率が高くなると述べている。この点も労働者を使い捨てにする日本のブラック企業とは大違いである。定着率は民族性ではなく、労働環境の問題である。

日本人からすると当たり前過ぎて自覚しにくい美点として時間厳守が浮かび上がる。これはインタビューに応えた複数の経営者が指摘している。日本では「時間を守る概念も子どもの頃から徹底して植え付けられています」(180頁)。

これに対してアジアでは「まったく悪びれることなく、大幅に遅刻してくる」(160頁)。「多くのシンガポール人は、10分程度は遅刻と思わない人が多いですが、日系企業を相手に、10分の遅刻が二度三度と続いたら信用問題に関わります」(210頁)。

本書は「日本に閉じこもらず、アジアで成功したい」という願望を抱く人々に「勇気と意欲」を掴みとるきっかけを与えることを目的とした書籍であるが、日本の良さも気づかせてくれる。


     
【既刊】『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』『東急不動産だまし売り裁判購入編』『東急不動産だまし売り裁判2リバブル編』『東急不動産だまし売り裁判3』『東急不動産だまし売り裁判4渋谷東急プラザの協議』『東急不動産だまし売り裁判5東京都政』『東急不動産だまし売り裁判6東急百貨店だまし売り』『東急不動産だまし売り裁判7』『東急不動産だまし売り裁判8』『東急不動産だまし売り裁判9』
『東急不動産だまし売り裁判10証人尋問』『東急不動産だまし売り裁判11勝訴判決』『東急不動産だまし売り裁判12東急リバブル広告』『東急不動産だまし売り裁判13選挙』『東急不動産だまし売り裁判14控訴審』『東急不動産だまし売り裁判15堺市長選挙』『東急不動産だまし売り裁判16脱法ハーブ宣伝屋』『東急不動産だまし売り裁判17』『東急不動産だまし売り裁判18住まいの貧困』『東急不動産だまし売り裁判19ダンダリン』
『東急不動産だまし売り裁判訴状』『東急不動産だまし売り裁判陳述書』『東急不動産だまし売り裁判陳述書2』『東急不動産だまし売り裁判陳述書3』
『東急大井町線高架下立ち退き』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』
『裏事件レポート』『ブラック企業・ブラック士業』『絶望者の王国』『歌手』『脱法ハーブにNO』『東京都のゼロゼロ物件』『放射脳カルトと貧困ビジネス』『貧困ビジネスと東京都』
『二子玉川ライズ反対運動1』『二子玉川ライズ反対運動2』『二子玉川ライズ反対運動3』『二子玉川ライズ反対運動4』『二子玉川ライズ反対運動5』『二子玉川ライズ住民訴訟 二子玉川ライズ反対運動6』『二子玉川ライズ反対運動7』『二子玉川ライズ反対運動8』『二子玉川ライズ反対運動9ブランズ二子玉川の複合被害』『二子玉川ライズ反対運動10』『二子玉川ライズ反対運動11外環道』『二子玉川ライズ反対運動12上告』

林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 東急不動産係長脅迫電話逮捕事件 二子玉川ライズ反対運動 東急リバブル広告 東急ストアTwitter炎上 東急ホテルズ食材偽装 東急ハンズ過労死 ブラック企業・ブラック士業 脱法ハーブにNO 東京都のゼロゼロ物件 東急不買運動 東急リバブル東急不動産不買運動 アマゾン ブログ ツカサネット新聞 リアルライブ 本が好き v林田力 家計簿 ワンピース 韓国 江東区長選挙 東陽町 世田谷区 Hayashida Riki hayariki tokyufubai amazon wiki wikipedia facebook
Yahoo! Japan
#書評 #小説 #読書 #読書感想