『世界』2014年9月号

林田力

岩波書店『世界』2014年9月号は福島県の自然風景が表紙写真である。人の手が入らなくなったために自然の楽園のようになっている。特集は「歴史認識と東アジア外交」である。

安倍政権を批判する記事が多いが、安倍政権を新自由主義と捉えると見誤ることになる。以下の記事で新自由主義との矛盾が指摘されている通りである。

「政府・財界一体の市場開拓と売り込みは、御用商人的、政商的ビジネスに通じる点で、政財界が信奉してきた市場への政府介入を嫌う新自由主義と相容れないのではないか」(森岡孝二「日本経団連は何に直面するか」世界2014年9月号216頁)。

「経済のネオ・リベ体制は『新・自由主義』という呼称にもかかわらず、システム優位という点では、全体に奉仕するという全体主義の志向とは矛盾しない」(西谷修・小森陽一「社会規範が液状化するスパイラル」世界2014年9月号63頁(西谷))

国家権力を都合よく使って金儲けを追求する勢力であり、政府の失敗を避けるために市場を重視する新自由主義思想とは異なる(林田力『ブランズ小竹向原と越中島トラックターミナル』「新自由主義・市場原理主義・強欲資本主義」)。

国土強靭化を唱える第二次安倍内閣は土建国家の焼き直しの色彩が濃いが、小泉改革の郵政民営化も新自由主義から逸脱していた。東急リバブルが旧日本郵政公社から評価額1000円で取得した沖縄東風平レクセンターを4900万円で転売して暴利を得るなどの「かんぽの宿」問題は国家利権の分捕り合戦に過ぎないことを示している。

興味深い記事に内山隆「変革の時代に生きる」がある。この記事は今日の日本社会には大きく三種類の人々が存在しているとする。第一に「高度経済成長とともに成立した戦後の価値観を守り抜きたい人々」である。第二に「強い国家を目指して戦後を見直そうとしている人々」である。第三に「新しい社会づくりを志してその視点から戦後を見直そうとする人々」である(46頁)。

現在は第一の人々が第二の安倍政権を支持している。それは一見すると不可解であるが、以下のように説明する。「戦後的価値観を維持しようとする人たちが、関係性とか共同性、コミュニティ、自然との関係といった言葉を使う新しい動きに不快感や圧迫感、疎外感をいだいていて、その感情が安倍政権の誕生を歓迎させた」(54頁)

私は第三の立場から社会を変えていきたいと考えている。この場合に旧世代の左翼的な立場が実は第一の立場、即ち既得権益擁護の体制内批判派に過ぎないと感じられることがある。第二の立場とも共通点は認め合うことが進歩と考える。戦後レジームの打破の全否定ではなく、場合によっては打破することも支持できるのではないかと考える。ブラック企業問題などは、その一つである。

一方で第三の立場も様々である。放射脳カルトなどの極端な動きは第一の人々でなくても不快に感じる。そして放射脳カルトなど極端な動きは、その異常性故に目立つため、それが第三の立場であると認知されてしまいやすい。その結果、第一の立場を第二の立場との「奇妙な連合」に追いやってしまう。地に足ついた第三の立場の構築が求められる。


林田力


【既刊】『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』『東急不動産だまし売り裁判購入編』『東急不動産だまし売り裁判2リバブル編』『東急不動産だまし売り裁判3』『東急不動産だまし売り裁判4渋谷東急プラザの協議』『東急不動産だまし売り裁判5東京都政』『東急不動産だまし売り裁判6東急百貨店だまし売り』『東急不動産だまし売り裁判7』『東急不動産だまし売り裁判8』『東急不動産だまし売り裁判9』
『東急不動産だまし売り裁判10証人尋問』『東急不動産だまし売り裁判11勝訴判決』『東急不動産だまし売り裁判12東急リバブル広告』『東急不動産だまし売り裁判13選挙』『東急不動産だまし売り裁判14控訴審』『東急不動産だまし売り裁判15堺市長選挙』『東急不動産だまし売り裁判16脱法ハーブ宣伝屋』『東急不動産だまし売り裁判17』『東急不動産だまし売り裁判18住まいの貧困』『東急不動産だまし売り裁判19ダンダリン』
『東急不動産だまし売り裁判訴状』『東急不動産だまし売り裁判陳述書』『東急不動産だまし売り裁判陳述書2』『東急不動産だまし売り裁判陳述書3』
『東急大井町線高架下立ち退き』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』
『裏事件レポート』『ブラック企業・ブラック士業』『絶望者の王国』『歌手』『脱法ハーブにNO』『東京都のゼロゼロ物件』『放射脳カルトと貧困ビジネス』『貧困ビジネスと東京都』
『二子玉川ライズ反対運動1』『二子玉川ライズ反対運動2』『二子玉川ライズ反対運動3』『二子玉川ライズ反対運動4』『二子玉川ライズ反対運動5』『二子玉川ライズ住民訴訟 二子玉川ライズ反対運動6』『二子玉川ライズ反対運動7』『二子玉川ライズ反対運動8』『二子玉川ライズ反対運動9ブランズ二子玉川の複合被害』『二子玉川ライズ反対運動10』『二子玉川ライズ反対運動11外環道』『二子玉川ライズ反対運動12上告』
林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 東急不動産係長脅迫電話逮捕事件 二子玉川ライズ反対運動 東急リバブル広告 東急ストアTwitter炎上 東急ホテルズ食材偽装 東急ハンズ過労死 ブラック企業・ブラック士業 脱法ハーブにNO 東京都のゼロゼロ物件 東急不買運動 東急リバブル東急不動産不買運動 アマゾン ブログ ツカサネット新聞 リアルライブ 本が好き v林田力 家計簿 ワンピース 韓国 江東区長 選挙 東陽町 世田谷区 Hayashida Riki hayariki tokyufubai amazon wiki wikipedia facebook




Yahoo! Japan
林田力
#書評 #小説 #読書 #読書感想 #レビュー #新刊
ふぁぼったー
枕石堂
林田力の書評