『子育てハッピーアドバイス 笑顔いっぱい 食育の巻』

林田力

松成容子、明橋大二『子育てハッピーアドバイス 笑顔いっぱい 食育の巻』(1万年堂出版、2014年)は食育をテーマにした子育ての書籍である。『子育てハッピーアドバイス』はシリーズ物で、「ほめ方・叱り方」や「小児科」などの書籍が既に刊行されている。それらの子育て本と比べると、食育というテーマは堅さを感じるが、太田知子氏の可愛いイラストや漫画もあり、楽に読み進めることができる。

食育というテーマに堅いイメージがあることには理由がある。著者は周囲の母親達に「今度、食育をテーマにした本を出そうと思う」と言ったところ、消極的な反応を返ったという。食育という言葉には道徳的な押し付け感があるためである。著者は「『食育』というのは、国家が、お母さんたちに強制するカタチで始まっている」と指摘する(6頁)。

その上で著者は「本来それ(食育)は、お上から『こうしなさい』と言われる筋合いのものでは決してないはずです」と指摘する(7頁)。実際、本書の内容は、たまには手抜きをしてもいいなど、無理なく取り組める内容になっている。精神論的な頑張りを求める要素はない。それどころか本書の帯には「ママがラクになる食のあれこれ」と書かれている。このような食育ならば歓迎である。

食育が息苦しいものになる理由は官僚的な上から目線だけではない。類書では添加物禁止など食材の選別に力を入れているものもあるが、フード左翼を突き詰めるとカルト化してしまう。福島や東日本の食材を忌避した挙句、怪しげなベクレルフリーと称する食材に飛びつく放射脳カルトは幸せになれない。その種の気持ち悪さは本書にはない。

本書もジャンクフードばかり食べることへの批判はあるが、全否定ではない。たとえばファーストフードならば「楽しさと速さを買うと割り切って、利用すればいい」と助言する(69頁)。追求すべきは特定の食品の排除ではなく、バランスである。そのバランスも1食ごとではなく、2、3日単位で帳尻を合わせればいい(50頁)。

本書のアドバイスは食材選びや料理法ばかりではなく、子どもへの接し方も多い。食育もコミュニケーションである。食育の概念を転換させてくれる書籍である。


林田力


【既刊】『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』『東急不動産だまし売り裁判購入編』『東急不動産だまし売り裁判2リバブル編』『東急不動産だまし売り裁判3』『東急不動産だまし売り裁判4渋谷東急プラザの協議』『東急不動産だまし売り裁判5東京都政』『東急不動産だまし売り裁判6東急百貨店だまし売り』『東急不動産だまし売り裁判7』『東急不動産だまし売り裁判8』『東急不動産だまし売り裁判9』
『東急不動産だまし売り裁判10証人尋問』『東急不動産だまし売り裁判11勝訴判決』『東急不動産だまし売り裁判12東急リバブル広告』『東急不動産だまし売り裁判13選挙』『東急不動産だまし売り裁判14控訴審』『東急不動産だまし売り裁判15堺市長選挙』『東急不動産だまし売り裁判16脱法ハーブ宣伝屋』『東急不動産だまし売り裁判17』『東急不動産だまし売り裁判18住まいの貧困』『東急不動産だまし売り裁判19ダンダリン』
『東急不動産だまし売り裁判訴状』『東急不動産だまし売り裁判陳述書』『東急不動産だまし売り裁判陳述書2』『東急不動産だまし売り裁判陳述書3』
『東急大井町線高架下立ち退き』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』
『裏事件レポート』『ブラック企業・ブラック士業』『絶望者の王国』『歌手』『脱法ハーブにNO』『東京都のゼロゼロ物件』『放射脳カルトと貧困ビジネス』『貧困ビジネスと東京都』
『二子玉川ライズ反対運動1』『二子玉川ライズ反対運動2』『二子玉川ライズ反対運動3』『二子玉川ライズ反対運動4』『二子玉川ライズ反対運動5』『二子玉川ライズ住民訴訟 二子玉川ライズ反対運動6』『二子玉川ライズ反対運動7』『二子玉川ライズ反対運動8』『二子玉川ライズ反対運動9ブランズ二子玉川の複合被害』『二子玉川ライズ反対運動10』『二子玉川ライズ反対運動11外環道』『二子玉川ライズ反対運動12上告』
林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 東急不動産係長脅迫電話逮捕事件 二子玉川ライズ反対運動 東急リバブル広告 東急ストアTwitter炎上 東急ホテルズ食材偽装 東急ハンズ過労死 ブラック企業・ブラック士業 脱法ハーブにNO 東京都のゼロゼロ物件 東急不買運動 東急リバブル東急不動産不買運動 アマゾン ブログ ツカサネット新聞 リアルライブ 本が好き v林田力 家計簿 ワンピース 韓国 江東区長 選挙 東陽町 世田谷区 Hayashida Riki hayariki tokyufubai amazon wiki wikipedia facebook




Yahoo!検索

林田力
#書評 #小説 #読書 #読書感想 #レビュー #新刊
ふぁぼったー
枕石堂
林田力の書評