『豊臣秀吉の系図学』

林田力

宝賀寿男『豊臣秀吉の系図学 近江、鉄、渡来人をめぐって』(桃山堂、2014年)は豊臣秀吉の主に母方の系図を調べた書籍である。その結論はサブタイトルが示している。秀吉の先祖は近江(滋賀県)に地縁があり、鍛治に縁があり、さらに遡れば渡来人に関係する。秀吉は平民から天下人に成り上がった人物であるが、その祖先にも歴史がある。祖先のない人物はいないと再確認させられる。

豊臣秀吉の家臣団は加藤清正らの武断派と石田三成らの文治派の対立が有名である。これは尾張時代の古くからの家臣と近江長浜時代に新たに召し抱えられた家臣の対立と分析される。この尾張派と近江派の対立という図式は北政所(ねね)と淀殿(茶々)の対立と重なるためにクローズアップされやすい。しかし、本書の指摘するように近江に地縁があるならば古くからの尾張派と新参の近江派という分析は一面的になる。

尾張の百姓の子とされた秀吉の一族が近江に地縁があるというと随分離れた感覚がある。中部地方と近畿地方という現代の地理区分の感覚があるためである。しかし、近畿地方の滋賀県と中部地方の岐阜県は接しており、県境の村同士の距離は近い。上からの行政区画で見てはならないことに気づかされる。

秀吉の一族が鍛治と縁があるという点も興味深い。旧来の歴史学では支配者の武士と被支配者の農民という一面的な視点が強いが、権力に服しない様々な職能があった。ジブリ映画『もののけ姫』の世界である。そのような異能集団が秀吉というユニークな存在の背景にあったと考えると面白くなる。


林田力


【既刊】『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』『東急不動産だまし売り裁判購入編』『東急不動産だまし売り裁判2リバブル編』『東急不動産だまし売り裁判3』『東急不動産だまし売り裁判4渋谷東急プラザの協議』『東急不動産だまし売り裁判5東京都政』『東急不動産だまし売り裁判6東急百貨店だまし売り』『東急不動産だまし売り裁判7』『東急不動産だまし売り裁判8』『東急不動産だまし売り裁判9』
『東急不動産だまし売り裁判10証人尋問』『東急不動産だまし売り裁判11勝訴判決』『東急不動産だまし売り裁判12東急リバブル広告』『東急不動産だまし売り裁判13選挙』『東急不動産だまし売り裁判14控訴審』『東急不動産だまし売り裁判15堺市長選挙』『東急不動産だまし売り裁判16脱法ハーブ宣伝屋』『東急不動産だまし売り裁判17』『東急不動産だまし売り裁判18住まいの貧困』『東急不動産だまし売り裁判19ダンダリン』
『東急不動産だまし売り裁判訴状』『東急不動産だまし売り裁判陳述書』『東急不動産だまし売り裁判陳述書2』『東急不動産だまし売り裁判陳述書3』
『東急大井町線高架下立ち退き』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』
『裏事件レポート』『ブラック企業・ブラック士業』『絶望者の王国』『歌手』『脱法ハーブにNO』『東京都のゼロゼロ物件』『放射脳カルトと貧困ビジネス』『貧困ビジネスと東京都』
『二子玉川ライズ反対運動1』『二子玉川ライズ反対運動2』『二子玉川ライズ反対運動3』『二子玉川ライズ反対運動4』『二子玉川ライズ反対運動5』『二子玉川ライズ住民訴訟 二子玉川ライズ反対運動6』『二子玉川ライズ反対運動7』『二子玉川ライズ反対運動8』『二子玉川ライズ反対運動9ブランズ二子玉川の複合被害』『二子玉川ライズ反対運動10』『二子玉川ライズ反対運動11外環道』『二子玉川ライズ反対運動12上告』
林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 東急不動産係長脅迫電話逮捕事件 二子玉川ライズ反対運動 東急リバブル広告 東急ストアTwitter炎上 東急ホテルズ食材偽装 東急ハンズ過労死 ブラック企業・ブラック士業 脱法ハーブにNO 東京都のゼロゼロ物件 東急不買運動 東急リバブル東急不動産不買運動 アマゾン ブログ ツカサネット新聞 リアルライブ 本が好き v林田力 家計簿 ワンピース 韓国 江東区長 選挙 東陽町 世田谷区 Hayashida Riki hayariki tokyufubai amazon wiki wikipedia facebook




Yahoo! Japan
林田力
#書評 #小説 #読書 #読書感想 #レビュー #新刊
ふぁぼったー
枕石堂
林田力の書評